NTTドコモ、2018年4月から新たなスマホ決済サービス「d払い」を提供開始へ

本日、NTTドコモが、スマートフォンに表示させたバーコードを使って、街のお店でのお買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払え、さらに「dポイント」がたまる・使える新たなスマホ決済サービス「d払い」の提供を2018年4月より開始する予定であることを発表しました。

「d払い」は、d払いアプリの画面上に表示したバーコードやQRコードを、d払い加盟店のPOSレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスで買い物出来るスマホ決済サービスで、料金のお支払い方法として、毎月の携帯電話料金と合せて支払う電話料金合算払い、クレジットカード払いに加え「dポイント」を1ポイント1円(税込)として利用することも可能。

また、支払い金額に応じて200円(税込)につき1ポイント、「dポイント」が貯まるようになっています。

なお、「d払い」は、現時点でローソンやマツモトキヨシなど10社計1万9千店舗での取扱いが予定されており、早期に10万店舗以上の展開を目指すそうです。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。