「iPhone 6 Plus」の交換用バッテリーが品不足に − 地域によっては3〜4月まで待つ必要も

Appleは古いバッテリーを搭載した「iPhone」の性能抑制問題で、今月初めから「iPhone 6」以降の「iPhone」のバッテリー交換費用を値下げしていますが、「iPhone 6 Plus」のバッテリーを交換したいユーザーは少し待たなければいけないようです。


Apple StoreとAppleの正規サービスプロバイダに配布された内部文書によると、「iPhone 6 Plus」の交換用バッテリーが不足しており、米国やその他の一部地域では3月下旬から4月上旬まで待つ必要があるとのこと。

なお、バッテリー交換費用の値下げ対応は今年12月までとなっているので、急ぎでない方は春頃まで待ってから交換した方がスムーズかもしれません。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事