次期「iPhone SE」はガラス製バックパネルを採用するとの噂 − ワイヤレス充電対応との情報も

昨夏に次期「iPhone SE」に関する噂を報じていたTekz24が、次期「iPhone SE」に関する新たな噂を報じています。

信頼出来る情報筋から得た情報によると、次期「iPhone SE」は「iPhone X」や「iPhone 8」シリーズと同じガラス製バックパネルを採用するとのこと。

また、ワイヤレス充電もサポートする可能性があるそうです。

次期「iPhone SE」の仕様に関しては、A10プロセッサや2GBのRAMを搭載し、ディスプレイサイズは4〜4.2インチになり、32GBと128GBのストレージ容量が用意され、バッテリー容量は1700mAh、リアカメラは1,200万画素、フロントカメラは500万画素になる模様。

次期「iPhone SE」に関しては先日にも年内に発売との予測が報じられましたが、本当に発売されるのかはまだ不明で、Tekz24というサイトの情報の信憑性は不明なので、あくまで噂として話半分で捉えておいた方が良いと思います。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。