米Intel、無線LANの次世代規格「802.11ax」対応のチップセットを年内にリリースへ

米Intelが、無線LANの次世代規格「IEEE 802.11ax」に対応したチップセットを年内にリリースすることを発表しました。

「IEEE 802.11ax」のデータ転送速度は約10Gbpsに達すると言われており、現行の「IEEE 802.11ac」に比べて最大40%も高速化されます。

また、ネットワーク効率を高め、デバイスのバッテリー駆動時間も向上するとのことで、Intelは年内にチップセットをリリースする予定ですが、同規格が普及するのは2019年になるとみられています。

なお、週明けから開催される「CES 2018」では「802.11ax」ベースのチップセットが他のメーカーからも発表される予定です。

[via The Verge

3 COMMENTS

匿名

これもいいけど、脆弱性の件を優先すべきだ。
全力解決に向けて頑張ってもらわなきゃダメ。

匿名

これに対応したAirMac出してくれるかな…

匿名

次のTime CapsuleとAirMac Expressはこれに対応で間違い無いでしょうね。
出してくれますよねAppleさん?

現在コメントは受け付けておりません。