台湾の市場調査会社、2018年に新型「iPhone SE」が投入されると予想

MacRumorsによると、台湾の市場調査会社であるTrendForceが公開した2018年のスマートフォン市場に関する最新のレポートの中で、Appleは2018年に新型「iPhone SE」を投入する計画と予測している事が分かりました。

新型「iPhone SE」は2018年前半に投入される可能性があり、インドのバンガロールにあるWistronの工場で生産されると言われています。

また、新型「iPhone SE」の仕様については、詳細は不明なものの、これまでの情報ではA10チップを搭載した「iPhone 7」ベースになると予想されています。
(訂正:一部翻訳ミスが御座いましたので訂正致しました)

さらに、TrendForceは、2018年に発売される次期「iPhone」シリーズでは、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイモデルと6.1インチの通常液晶モデルが用意されると予想しており、有機ELディスプレイモデルはFace IDの改良やRAMの搭載容量の増加などが行われるものとみられています。

なお、生体認証技術に関しては、Appleは引き続き顔認識機能を使用しますが、他のメーカーは指紋センサーを引き続き採用し、2018年後半に指紋センサーをディスプレイ内部に埋め込んだ最初のスマートフォンの量産が開始されるとのこと。

新型「iPhone SE」や次期「iPhone」シリーズについてはこれまでの噂をまとめたような感じですが、新型「iPhone SE」は本当に投入されるのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。