「iPhone X」の出荷台数、2017年第4四半期は3,000〜3,500万台か − 来年初頭には価格調整を行うとの噂も

Appleは「iPhone X」の販売台数を明らかにしていませんが、DigiTimesによると、「iPhone X」の2017年第4四半期(10〜12月)の出荷台数は3,000〜3,500万台に達する見込みであることが分かりました。

2018年第1四半期(1〜3月)については、横ばいか僅かに落ち込むものと予想されています。

また、「Apple Watch」の出荷台数は好調で、2018年には予想されていた2,300〜2,500万台を上回り、2,700万台に達するとみられています。

なお、Appleは2018年初頭に「iPhone X」の価格を調整すると噂されているそうです。

7 COMMENTS

taisy0

本当かどうかは分かりませんが、値下げするとの考えで良いと思います。

匿名

ご本人からの返信、嬉しいです。
iPhoneX、在庫が供給が需要に追いつくにはあまりにも早すぎると思っていたので、やはり売れてないんじゃないかなって思ってました。
周りに聞いても毎年買い換える人ですら、
高すぎるし、値段の効果が少ないと辞めてる人が多いです。
特に毎年好きで買い換える人はPlusを使ってる人が多く、その人たちからすれば動画や写真といったメディアはXでは結局無印のiPhoneサイズになるのが最大のネックなようでした。

匿名

売れてないしなあ。まあ、強気すぎるよ今の値段。
スマホごときに12万や14万なんて普通の人は出さないさ。

匿名

過去モデルの高価格帯(Plus)の売り上げは無印の10%程度だったんだから超大健闘ですがね

匿名

プラスとXではAppleが掛けている開発費とこれからの戦略的プロジェクトとしては全くレベルが違うと思いますよ?
コモディティ化している製品では基本的にある程度の機能が揃えば、値段で勝負になることが多く、高級路線では差別化が求められます。
今回は正直販売から供給が足りているという状況までになるのに例年よりとても早いです。
私はAppleがとても好きですが、Xに関しては正直成功とは言えないと思います。
現にこちらのサイトで何日か前にXの部品発注量を下げる方向と乗っていました。

匿名

年明けにアメリカから個人輸入してようと思ってたからこれは朗報

現在コメントは受け付けておりません。