「iOS 11.1.2」以降の「メッセージ」アプリに絵文字関連のバグ

MacRumorsによると、「iOS 11.1.2」以降、「メッセージ」アプリで絵文字を使用した際にアプリの動作がおかしくなるバグが報告されている事が分かりました。


バグは、「メッセージ」アプリで新しいメッセージを開始し、最初のメッセージに絵文字を1つだけ送信すると発生し、トップメニューや送信したはずの絵文字などインターフェイスの一部が真っ白になって使えなくなってしまうもので、バグが発生した場合はアプリを終了させてから再起動することで直ります。

このバグは「iMessage」と「SMS/MMS」の両方で報告され、「iOS 11.1.2」から「iOS 11.2.1」、さらには「iOS 11.2.5 beta 1」でも発生することが確認されています。

かなり限られた状況で発生するバグの為、多くのユーザーに影響する訳ではないと思いますが、最初のメッセージに絵文字を利用する際は注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事