Apple公式サイトの返品条件はホリデーシーズンに合わせて緩和される − 今年は来年1月20日まで返品可能に

過去にも何度かお伝えしていますが、Apple公式サイトで購入した製品の返品条件は、通常は”製品受領後14日以内”となっていますが、毎年、年末から年始にかけてはこの条件が緩和されます。


今年は、2015年11月15日から2018年1月6日までの間にApple公式サイトで購入した製品については、2018年1月20日まで返品可能となっています。

これはクリスマスプレゼントなどで早めに購入したものの、どうしても返品処理したいユーザーなどに対応したものと予想され、これからクリスマスプレゼントとして購入される方も増えると思いますが、万が一の場合は来年1月20日まで返品可能です。

Apple公式オンラインストア
返品・送料を含む販売条件 – Apple
配送と受取 – Apple


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事