Apple、「Compressor 4.4」をリリース

本日、Appleが、「Compressor 4.4」をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

360 VR配信

  • さまざまなフォーマットとフレームサイズで360°ビデオをエンコーディング
  • 360°ビデオをYouTube、Facebook、Vimeoで直接共有
  • 業界標準の全方位メタデータを埋め込んだ360°ビデオファイルを書き出し
  • モノスコピックおよびステレオスコピックフォーマットに対応

ハイダイナミックレンジ

  • 色空間変換コントロールとHDRメタデータを使ってHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを配信
  • HDRビデオをP3 D65 PQ、Rec. 2020 HLG、およびRec. 2020 PQ for HDR10で配信
  • HDRビデオをSDR(標準ダイナミックレンジ)ビデオに簡単に変換
  • iTunes Storeパッケージ内でDolby VisionグレードビデオファイルのDolby Vision XMLへのリンクに対応

HEVC

  • ビデオの映像品質を同等に保ちながらH.264よりもファイルサイズを最大40パーセント小さくできるHEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)フォーマットでエンコーディング
  • Compressorで作成したカスタムHEVC書き出し設定をFinal Cut Proで使用
  • Final Cut ProやMotionのプロジェクトをCompressorに送信し、ビデオをHEVCフォーマットでエンコーディング
  • デスクトップでドラッグ&ドロップするだけでエンコーディングできる自己完結型HEVCドロップレットを作成

MXF

  • さまざまなコーデックとパラメータに対応するMXFファイルのエンコーディング
  • さまざまなフレームレートと解像度が使えるAVC-Intra、D-10 / IMX、ProRes、XDCAM HDなどの新しいMXFプリセット
  • MXFコンテナ内でProResおよび10ビット非圧縮ビデオをサポート
  • MXFコンテナ内でHDRビデオをサポート

なお、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Compressor
価格: ¥6,000

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。