Apple、「Final Cut Pro 10.4」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」をアップデートし、最新版のバージョン10.4をリリースしています。

th_finalcutpro102

今バージョンでは、360 VR編集機能や高度なカラーグレーディングなど多数の新機能が含まれており、詳細は下記の通り。

360 VR編集

  • 360°エクイレクタングラービデオを読み込んで、さまざまなフォーマットとフレームサイズで編集
  • 接続したVRヘッドセットに360°ビデオを出力
  • 360°ビューアを開き、編集しながら、ヘッドセットと正距円筒図法表示を同時にモニタ
  • Final Cut Proの360°ビューアでVRヘッドセットの動きを追跡するオプション
  • ブラー、グローなどの360°エフェクトを追加
  • 360°ビデオをYouTube、Facebook、Vimeoで直接共有
  • 360°パッチを使って、シーンからカメラやリグを瞬時に削除
  • 横オーバーレイを使って、360°ビデオの方向をビューアから直接、簡単に変更
  • 360°ビデオを非360°プロジェクトに読み込んで、パン、チルト、ズームをアニメート
  • グラフィック、静止画、ビデオを360°プロジェクトに読み込んで、360°シーンにぴったり合うように位置とサイズを調整
  • モノスコピックおよびステレオスコピック360°ビデオに対応

高度なカラーグレーディング

  • 1つの場所ですべてのカラーコントロールを操作できるインスペクタの専用カラータブ
  • ヒュー、サチュレーション、ブライトネスを調整できる統合スライダで従来のホイールを改良した、強力な新しいカラーホイール
  • カラーとコントラストを変更する複数のコントロールポイントを使って、極めて精密な調整を行えるカラーカーブ
  • イメージの他の部分は変更せず、特定のヒューまたはブライトネスレベルを選択して調整を行えるヒュー/サチュレーションカーブ
  • カラーカーブやヒュー/サチュレーションカーブでスポイトを使って、イメージの一部をサンプリングしてすばやく調整
  • “バランスカラー”コマンドに手動ホワイトバランス用のスポイトが付属
  • 人気のあるカラーグレーディングAppやサイトからカスタムLUTを適用
  • 精密なキーフレームコントロールを使って経過時間でカラーを補正
  • カラー調整用の新しいキーボードショートカットとロールベースのタイムラインナビゲーションによる、カラー補正操作の高速化
  • ざっとプレビューして高速に検索できるカラープリセットをエフェクトブラウザ内に配置

ハイダイナミックレンジ

  • HDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオをRec. 2020 HLGまたはRec. 2020 PQ for HDR10で読み込み、グレーディング、配信
  • 他社製I/Oデバイスを使って他社製HDRモニタにビデオを出力
  • HDRのブライトネスレベルを最大10,000 nitまで測定できる組み込みの波形モニタ
  • HDRをSDR(標準ダイナミックレンジ)出力に簡単にトーンマッピングしたり、PQフォーマットとHLGフォーマット間を変換したりできるHDRツール
  • HDRモニタのない環境でHDRをRAW値で表示するオプション

追加機能

  • iMovie for iOSプロジェクトを直接Final Cut Proに送信し、高度な編集、オーディオ操作、仕上げ作業を実施
  • Apple製デバイスからHEVC(High Efficiency Video Coding、別名H.265)ビデオクリップとHEIF(High Efficiency Image Format)写真を読み込み、再生、編集
  • Compressorに送信し、ビデオプロジェクトをHEVCフォーマットで書き出し
  • 拡大/縮小が可能な新しいデザインのインターフェイスを備えたLogic Pro Xから、エフェクトプラグインを使ってオーディオを調整
  • Canonからの追加ソフトウェアでCanon Cinema RAW Lightフォーマットに対応
  • メタル2を使ってオプティカルフロー解析を高速化
  • NFSベースのライブラリとメディアに対応
  • 新しいカラー・グレーディング・コントロール、360 VRエフェクト、HDRをサポートするXML 1.7

なお、同アプリの価格は34,800円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro
価格: ¥34,800

スポンサーリンク