「iMac Pro」の10コアモデルのベンチマークスコアが明らかに

12月14日に発売されることが決まった「iMac Pro」ですが、Marques Brownleeが公開したレビュー動画から「iMac Pro」のベンチマークスコアが明らかになりました。


レビューに使用されているのはIntel Xeon W シリーズの10コア/3.0GHzモデルを搭載した「iMac Pro」のミッドレンジモデルで、主にCPUの性能を測定するGeekBenchのスコアは、シングルコアが5,468点、マルチコアが37,417点となっており、マルチコア性能は「iMac (27-inch Retina Mid 2017)」の19,373点(平均スコア)、「Mac Pro (Late 2013)」の25,747点(平均スコア)を大きく上回っています。


なお、「iMac Pro」では最大18コアのモデルが用意される為、ハイエンドモデルはもっと高いスコアになる事が予想されます。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事