来年発売の次期「iPhone」シリーズは全てのモデルでバッテリー容量が増加か

9To5Macなどによると、Apple関連の情報でお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、来年に発売される5.8インチと6.5インチの次期「iPhone」はL字型のバッテリーを採用し、バッテリー容量が増加する可能性があると報告していることが分かりました。


同氏曰く、来年に発売される次期「iPhone」シリーズでは、有機ELディスプレイを搭載した5.8インチと6.5インチの2モデル、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルの計3モデルが用意され、その3モデル全てにTrueDepthカメラが搭載される見込みで、電力消費の増加に対応するためにバッテリー容量を増やす必要があるとのこと。

現行の「iPhone X」にも既にL字型のバッテリー(2,716mAh)が採用されていますが、次期「iPhone」シリーズではバッテリー技術の洗練などにより5.8インチモデルには2,900〜3,000mAhのバッテリーが搭載されるものと予想され、これが本当であれば約10%ほど容量が増加することになります。

なお、もう1つのモデルである6.1インチモデルについては、コスト削減の為、従来の長方形のバッテリーが搭載されるものの、バッテリー容量は「iPhone 8」シリーズよりも増加すると予測されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事