Apple、開発者に対しMac向けアプリの64bit対応が必須になることを改めて案内

本日、Appleが開発者に対し、2018年1月以降、Mac App Storeに新規に提出するアプリは64bit対応が必須条件となることを改めて案内しています。

また、既存のアプリやアップデートについては2018年6月から64bit対応が必須条件となる予定です。

これらは「WWDC 2017」の時点で発表されており、「macOS High Sierra」が32bitアプリをサポートする最後のmacOSになります。

64-bit Requirement for Mac Apps – Apple

4 COMMENTS

匿名

「32bitアプリをサポートする最後のmacOSになり」
さすがに動かなくなることはまだ無い。
“The last macOS release to support 32-bit apps without compromise is macOS High Sierra.”
なので、「確認/同意なしで 32bitアプリが動く最後のmacOS」くらいですかね。

匿名

自社マケプレ内なら好きにやってもいいと思うけどね
野良アプリも今後は32bit排除の流れにしようとするのはちょっと。。

匿名

最近のroot問題もそうだが、
最近のOSアップデートって、デメリットの方が大きい感じがするのだが。
ただでも入れたくない感じ。
iOS11はiPhoneにはまだ入れていないし。

匿名

iphoneが出る前から64bit対応してるのに未だ未対応とかどれだけ放置されてるんだよって話だけどな

現在コメントは受け付けておりません。