ARM版「Windows 10」を搭載したASUS製のデバイスがベンチマークアプリのデータベースに登場

先日、ARM版「Windows 10」を搭載したデバイスがベンチマークアプリ「GeekBench」のデータベースに登場した事をお伝えしましたが、Neowinによると、今度はASUS製のARM版「Windows 10」を搭載したデバイスが同データベースに登場しました。

登場したのはASUSの「TP370QL」というコードネームが付けられたモデルで、Snapdragon 835や4GB RAMを搭載し、ベンチマークスコアはシングルコアで800〜890点、マルチコアで3,060〜3,170点ほどとなっており、同じSnapdragon 835を搭載したAndroidデバイスよりも大幅に下回っているのですが、これは「GeekBench 4」がエミュレータを通して実行されている為で、「Geekbench」側が対応すれば同程度のスコアになってくるものと予想されます。

なお、ARM版「Windows 10」を搭載したデバイスは年内に発売とアナウンスされていましたが、現時点ではまだ発売に関する正式アナウンスはありません。

[via Neowin

スポンサーリンク