Amazon、「Amazon Drive」の容量無制限プランの提供を終了

本日、Amazon.co.jpが、オンラインストレージサービス「Amazon Drive」の容量無制限プラン「Unlimitedストレージ」の提供終了を発表しました。




「Unlimitedストレージ」は年額13,800円で容量無制限で各種ファイルをアップロード可能なオンラインストレージサービスで、昨年7月より日本でも提供が開始されていましたが、本日付で新規の申し込み受付は終了し、現在、同プランを利用しているユーザーは契約期間が終了するまで利用できるものの、契約期間終了後は容量制限のあるプランに移行する必要があります。

現在のストレージプランが終了すると、ユーザーが自動更新設定をOFFにしている場合を除き、1TB未満のファイルを保存している場合はそのまま1TBプランに移行し、1TB以上のファイルを保存している場合、または、ユーザー自身で自動更新設定をOFFにしている場合は、1TBプランに自動的に登録されることはなく、ユーザーの希望に合ったプランを選択する必要があります。

新しいプランへの切り替えは、「Unlimitedストレージ」プランの契約期間中でも可能で、支払い済みの利用料のうち、残存する期間相当分の利用料が返金される仕組みとなっています。

なお、各種詳細は下記のリンク先をご覧下さい。

Amazon DriveのUnlimitedストレージからの移行について
ストレージプランの価格表


[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事