Adobe、「Photoshop CC」でMicrosoftの「Surface Dial」をサポート

本日、Adobeが、「Photoshop CC」の最新版でMicrosoftの「Surface Dial」をサポートしたことを発表しました。


同機能は現在のところテクノロジープレビューとして搭載されており、現時点ではブラシの設定のみに使用可能で、サイズ、不透明度、硬さ、流量、スムージングの調節に利用可能です。

また、「Windows 10」の最新バージョンを搭載したBluetooth対応PCが必要となっています。


なお、テクノロジープレビューである事から、使用するには「環境設定>テクノロジープレビュー」より有効かする必要がある他、バグなどがある可能性があります。


[via Adobe, Engadget

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事