「Windows 10 Fall Creators Update」がRTMに到達

Windows Centralによると、「Windows 10 Fall Creators Update」がRTM(Release To Manufacturing)に達したようです。


昨日、MicrosoftはInsider ProgramでFastリングを選択しているユーザーに対し「Windows 10 build 16299.15」をリリースしましたが、Windows Centralによると、この「build 16299.15」がRTMビルドで、Microsoftは同ビルドをOEM向けに提供するビルドとすることを承認したとのこと。

RTMとは、製造工程向けリリースや量産出荷版などと呼ばれるもので、MicrosoftがOSソフトウェアをOEMへと提供し、最終製品として出荷される準備が整ったことを意味していますが、Microsoftは「Windows 10」以降はRTMの発表を行っていません。

なお、「Windows 10 Fall Creators Update」は現地時間の10月17日に正式にリリースされます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で