「iOS 11」ではフィールドテストモードを利用して電波強度を数値化出来なくなっている事が明らかに

「iOS」ではフィールドテストモードを利用してセルラー通信の電波強度を数値化させる事が可能でしたが、「iOS 11」では電波強度の数値化が出来なくなっていることが分かりました。


「iOS 11」でも引き続き「*3001#12345#*」に電話をかけることでフィールドテストモードに移行することは可能ですが、「iOS 10」まではフィールドテストモードに入ると電波強度が数字で表示されるようになっていたものの、「iOS 11」ではアンテナピクト(電波状況を示すアイコン)のままで数値化されなくなっています。


「iOS 11」ではアンテナピクトのデザインが「iPhone X」のステータスバーの仕様変更に合わせて変更されましたが、その事が何か関係しているのかもしれません。

なお、フィールドテストモードを起動した場合、ホームボタンを押すことで通常の画面に戻れます。


[via Redmondpie

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事