Twitter、文字制限数を140文字から280文字に拡大するテストを実施 ー 日本語は対象外

本日、Twitterが、文字制限数を現在の140文字から280文字に拡大するテストを実施することを発表しました。


テストは利用者の中の5%を対象に4〜6週間程度の期間で実施され、日本語、中国語、韓国語は対象外となっています。

同社の調べでは、日本語では全体のツイート量のわずか0.4%が1ツイートの文字数制限最大の140文字に達しているのに対し、英語のツイートでは全体の9%のツイートが140文字に達していることが分かったそうで、英語でツイートをするユーザーにとって文字数制限がフラストレーションを引き起こす一方で、日本語ではそのようなことがないことが分かったそうです。

日本語、中国語、韓国語では英語やスペイン度、ポルトガル語、フランス語などの他の言語に比べ、倍ちかい情報量を伝えることができるため今回のテストでは対象外となっており、ユーザーが文字数制限を気にすることなく簡単に表現出来るようテストを実施するとのこと。

なお、正式に導入されるのかどうかはテスト結果とフィードバックをもとに検討されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事