Apple、次期「iPhone」シリーズでは6インチ以上のLCD搭載モデルを投入か

The Korea Heraldによると、Appleは来年発売する次期「iPhone」シリーズで新たに6インチ以上のLCD(液晶ディスプレイ)を搭載したモデルを追加するかもしれないことが分かりました。


次期「iPhone」シリーズに関しては、これまでの情報では5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイを採用した2モデルになるようだと報じられていますが、今回新たに6インチ以上の液晶ディスプレイを採用したモデルが追加されるとの情報が出てきており、Appleはジャパンディスプレイに対し液晶パネルの発注を行ったものとみられています。

ただ、この6インチ以上のモデルが現行の液晶ディスプレイ採用モデル(4.7インチ&5.5インチ)に新たなラインナップとして追加されるのか、それとも置き換えられるのかは分かっていません。

個人的には、「iPhone X」の後継として5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイを採用した「iPhone 9/9 Plus」を発売し、液晶ディスプレイを搭載したモデルは「iPhone 8/8 Plus」の販売を継続すれば良いのではないかと思うのですが、果たしてどうなるのでしょうか。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事