「iPhone 8」の「A11 Bionic」チップ、「A10 Fusion」より約30%小型化

Tech Insightsが、「iPhone 8 Plus」の分解レポートを公開しており、「A11 Bionic」チップなどの一部詳細が判明しました。



まず、「A11 Bionic」チップのダイサイズ(チップの面積)は89.23㎟で、「iPhone 7/7 Plus」の「A10 Fusion」チップ(123.72㎟)よりも約30%小型化されているとのこと。

なお、歴代「iPhone」に搭載されてきたチップのダイサイズや製造プロセスをまとめたものが下記画像で、「A11 Bionic」チップはTSMCの10nm FinFET プロセスにより製造されていると言われています。



また、これはAppleも公式に発表済みですが、「iPhone 8 Plus」のデュアルレンズカメラは、「iPhone 7 Plus」と同じく広角カメラには光学式手ブレ補正が搭載されているものの、望遠カメラには光学式手ブレ補正は搭載されていません。
(iPhone Xでは広角・望遠ともに光学式手ブレ補正が搭載される)



更に、「iPhone 8 Plus(A1897)」に搭載されているベースバンドチップはIntel製の第4世代LTEモデム「XMM7480」で、同モデムはLTE-Advancedに対応するほか、4xのキャリアアグリゲーションをサポートし、下り最大600Mbps、上り最大150Mbpsに対応しています。

他にも、NFCコントローラは「iPhone 7 Plus」と同じNXP製であるものの、型番はPN67Vから80V18に変更されていることも分かっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事