Apple、「iOS 11」を正式にリリース

本日、Appleが、「iOS 11」を正式にリリースしました。



「iOS 11」ではコントロールセンターのカスタマイズ機能、App Storeの刷新、iPadでのドラッグ&ドロップ対応やDock機能の搭載、Siriの改良、QRコードリーダー機能の搭載やLive Photosの新機能といった「カメラ」アプリの改良など、多数の新機能や改良が加えられています。

「iOS 11」に対応するのは以下のデバイスで、「iOS 10」からの変更としては32bitデバイスの「iPhone 5/5c」と「iPad (第4世代)」が非対応となっています。



なお、アップデートはiTunes経由か「設定>一般>ソフトウェア・アップデート」から可能です。

 ・iOS 11 – Apple


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事