「macOS High Sierra」のAPFS、リリース当初はFusion Driveをサポートせず

Appleが日本時間9月26日にリリースする「macOS High Sierra」では新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」が採用されますが、MacRumorsによると、「macOS High Sierra」のリリース当初は「APFS」はFusion DriveやHDDをサポートしない事が分かりました。


「APFS」はフラッシュストレージやSSD向けに最適化された新しい64ビットファイルシステムで、従来のファイルシステムである「HFS+」とは違いマルチスレッド対応であり、管理はナノ秒単位で、強力な暗号化もサポートされています。

フラッシュストレージ(SSD)を搭載したMacは「macOS High Sierra」にアップデートする際に「APFS」へと自動的に変換されますが、「macOS High Sierra」のリリース当初は「APFS」はFusion DriveとHDDをサポートしていない為、「APFS」に変換されることはなく引き続き「HFS+」が採用されるようです。

なお、「macOS High Sierra」のベータ版を利用していたユーザーは注意点があり、ベータ版ではFusion Driveを搭載したMacでも「APFS」に変換されている可能性があり、正式リリースを前に「APFS」から「HFS+」に戻すための手順が公開されています。

Fusion Drive 搭載 Mac に macOS High Sierra をインストールする準備をする
macOS High Sierra の APFS の導入準備を進める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で