「Apple TV 4K」、ようやくギガビットイーサネットポートを搭載 ー Wi-Fiはデュアルバンド同時接続に対応

「Apple TV」は初代から第4世代までずっとLANポートは”10/100 BASE-T”でギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応して来なかったのですが、本日発表された「Apple TV 4K」でようやくギガビットイーサネットに対応した事が分かりました。

過去のモデルではワイヤレス接続を推し、ギガビットイーサネットポートは搭載されてこなかったのですが、4Kコンテンツのストリーミング視聴では最低で15Mbpsの接続速度が要求されると言われており、ユーザーの環境に合わせ、より安定した接続を提供する為にギガビットイーサネットポートも用意したものと予想されます。

また、「Apple TV 4K」のWi-Fiは第4世代と同じくMIMO対応802.11acに対応していますが、更に2.4GHz帯と5GHz帯を使ったデュアルバンド同時接続にも対応しています。

 ・Apple TV 4K – 仕様

[via iDB

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。