KDDI、4つの周波数帯を束ねた超高速通信技術「4CC CA」を提供開始 ー まずは「iPhone 8/8 Plus」から

本日、KDDIが、4つの周波数帯を束ねた超高速通信技術「4CC CA(Four Component-Carrier キャリアアグリゲーション)」の提供を今月から開始することを発表しました。




同技術を利用することで、人が多く集まる駅やオフィス街、繁華街でも通信を複数の周波数帯に分散することで混雑を回避できる他、4つの周波数帯を使うことで、今までよりもさらに高速でデータをやり取りできるようになるとのこと。

対応機種は「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」で、対応エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアから開始し、順次拡大されるとのことで、具体的なエリアは後日案内されます。


4CC CA – au
auオンラインショップ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事