新しい「Siri Remote」は触感フィードバック機能を搭載か

これまでの情報で次期「Apple TV」とともに「Sir Remote」も新しくなることが分かっていますが、その新しい「Siri Remote」には触感フィードバック機能が搭載されている事が分かりました。


これは開発者のGuilherme Rambo氏がファームウェアを解析して見つけたもので、触感フィードバックの搭載を示唆する記述が見つかっています。


触覚フィードバックとは内蔵されたTaptic Engineが振動することでフィードバックを与えるもので、「iPhone 7」では様々な場面で触覚フィードバックが採用されていますが、新しい「Siri Remote」では各種ボタンが感圧センサー式に置き換えられる他、上部のタッチパッド部分の操作時に触覚フィードバックが採用されるのかもしれません。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事