「iPhone X」ではステータスバーのアクティビティインジケーターも新しく ー 「カメラ」アプリのUIも明らかに

昨日に流出した「iOS 11 GM」から様々な情報が明らかになり、次期「iPhone」シリーズの有機ELディスプレイ搭載モデルである「iPhone X」では分割ステータスバーが採用され、ステータスバーの表示方法が大幅に変更されることが分かっていますが、ビデオなどのメディアを読み込む際にステータスバーに新しいアクティビティインジケーターが表示されるようになる事が分かりました。

これを見つけたのは開発者のGuilherme Rambo‏氏(@_inside)で、アクティビティインジケーターが実際に動作している様子は下記のツイートの映像をご覧下さい。

また、同氏は「iPhone X」での「カメラ」アプリのユーザーインターフェイスの画像も公開しており、センサーやフロントカメラがある部分とホームボタンの代わりに表示されるホームインジケーターバーの為に、上下に余分なスペースが設けられています。
(サイズが正しくないのは「iPhone X」ではなく「iPhone 7 Plus」で無理矢理実行している為)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。