「iOS 11 GM」から「iPhone 8」に関する様々な新情報が見つかる ー 「AirPods」も一部改良されたモデルが登場へ

9To5Macが、流出した「iOS 11」のGM(ゴールデンマスター)版を調査した結果、コードネーム「D22」と呼ばれている「iPhone 8」に関する様々なヒントが見つかった事が分かりました。

「iOS 11 GM」からは、「iPad Pro」に搭載されているTrue Toneディスプレイの「iPhone 8」への搭載やディスプレイの解像度は1125×2436ピクセルになるといった情報、「カメラ」アプリのポートレートモードで様々な照明効果をシミュレートする「Portrait Lighting」機能の搭載、4K/60fpsでの動画撮影対応などに関する情報が見つかっており、他に見つかった新機能やヒントは下記の通り。

Face IDのチュートリアル用動画

「iPhone 8」のデザインを示す新たなアイコン画像

電源ボタンと音量アップボタンの同時押しでSOSモードの起動を案内する画像

iMessageのアニメーション絵文字

更に、「AirPods」の新モデルを示唆する記述(AirPods1,1とAirPods1,2)やアニメーションも見つかったようですが、これはメジャーアップデートではなく、マイナーチェンジとみられており、充電のインジケーターがケース内部からより分かり易いケース外側の前面に移動するようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。