Appleの開発者向けサイトがダウンした件、原因はハッキングではなくバグだった事が明らかに

日本時間の今日未明から数時間に渡ってAppleの開発者向けサイトがダウンし、一部でハッキングされたのではないかとの見方が浮上していましたが、最終的にダウンの原因はバグだった事が分かりました。

これはAppleがThe Loopに対して明らかにしたもので、一部ユーザーからアカウントの住所がロシアの住所に書き換えられていると報告されていましたが、その原因はアカウント管理アプリケーションの不具合だったそうです。

その不具合により誤った住所情報が表示されてしまっていたそうで、既にコードレベルのバグは修正されており、住所情報も正しく表示されるようになっているとのこと。

また、今回の件でハッキングによる侵害なども一切ないとのことで、その問題を修正するためのメンテナンスだった模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。