「Windows 10 S」でも「Insider Preview」ビルドを利用可能に

本日、Microsoftが、「Windows 10 S」でも“Insider Preview”ビルドを受け取れるようになったことを発表しました。

「Windows 10 S」は教育機関向けのバージョンで、基本的な部分は「Windows 10」と変わりないものの、Windows Storeからダウンロードしたアプリのみインストール出来る仕様となっており、同エディションで“Insider Preview”ビルドを利用するには、設定画面の「更新とセキュリティ>Windows Insider Program」セクションから「Windows Insider Program」に参加することで可能です。

ただ、「Windows 10 S」では「コマンド プロンプト」や「PowerShell」などの実行が制限される他、「Windows Subsystem for Linux」が利用できないなどの制限があります。

[via Microsoft, 窓の杜

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。