米Intel、第8世代Coreプロセッサを正式発表 - まずは「U」シリーズから

本日、米Intelが、第8世代Intel Coreプロセッサを正式に発表しました。


第8世代の製造プロセスは前世代の第7世代Coreプロセッサである「Kabylake」と同様に14nm+を採用しており、まずは2in1 PCや薄型ノートPC向けである「U」シリーズが投入されます。

今回発表されたのは「Intel Core i7-8650U/8550U/8350U/8250U」の4モデルで、前世代の同シリーズは2コア/4スレッドだったのが、今シリーズでは4コア/8スレッドになっているのが最大の特徴で、TDPは15Wのままでマルチタスク処理で最大40%の性能向上が実現されています。


なお、同プロセッサを搭載したデバイスは来月より順次登場予定で、デスクトップ向けのモデルは今秋に発表予定とのこと。


 ・ニュースリリース


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事