「iPhone 8」の最新の予想レンダリング画像 ー 現時点で一番本物に近そうなデザイン

ここ数日、「iPhone 8」のダミーユニット(模型)の写真やハンズオン動画が多数公開されているものの、それらダミーユニットは造りが粗いものが多いのですが、デザイナーのQuinton Theron氏公開した「iPhone 8」の最新の予想レンダリング画像が一番本物に近いのではないかと思うので紹介します。


本体デザインについては基本的にこれまでに流出している情報や公開されているダミーユニットと同じですが、エッジ部分やカメラの出っ張り部分がのカーブがより滑らかになっており、正式に発売されるモデルもこんな感じの見た目になる可能性が高そうです。

ただ、背面のカラーリングについては、ゴールドは背面もゴールドになると予想されるのですが、如何でしょうか。


なお、同氏のレンダリング画像はこちらに多数掲載されているので、是非ご覧下さい。


[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事