Microsoft、Slowリングのユーザー向けに「Windows 10 build 16251」を提供開始

本日、Microsoftが、Windows Insider ProgramでSlowリングに設定しているユーザーに対し、「Windows 10」のプレビュー版である「build 16251」の提供を開始しました。

windows10logo
「build 16251」では、AndroidやiOSを搭載した端末とのリンク機能が利用可能になり、連携させたスマホなどで閲覧していたウェブサイトをそのままPCでも閲覧出来るようになっています。
(同機能のiOS向け専用アプリは米国でのみ配信中)


また他にも、Cortanaの音声コマンドでPCのロックやログアウト、シャットダウンなども行えるようになった(現時点では英語圏のみで利用可能)他、起動時間の改善などが行われています。

なお、同ビルドの詳細はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事