次期「iPhone SE」は2018年第1四半期に発売との噂 ー 全てインドで製造か

Tekz24というサイトが、信頼できる情報筋の話として、次期「iPhone SE」は全てインドで製造されるようだと報じています。

次期「iPhone SE」は2018年第1四半期(1〜3月)に発売予定で、全てインドにて製造され、各国に輸出される予定とのこと。

また、次期「iPhone SE」は「iPhone 7」がベースになっているが、ディスプレイサイズは4〜4.2インチになるとみられている他、A10プロセッサ、2GBのRAM、ストレージは32GBと128GB、バッテリー容量は約1700mAh、1,200万画素のメインカメラ、500万画素のFaceTimeカメラ、iOS 11などが特徴になるとみられています。

なお、上記画像は次期「iPhone SE」の予想レンダリング画像となっています。

ただ、同サイトの情報の信憑性は不明なので、あくまで噂として話半分で捉えておいた方が良いと思いますが…。

8 COMMENTS

匿名

現行のSEと同等の厚みであればカメラは出っ張らないはずなのですが・・無駄に薄くなるのでしょうか

匿名

iPhone6の中身だけ最新にしてSEとして売ればいいのでは?

匿名

十分あると思うけど日本では4インチじゃないと売れなさそう。

匿名

まああの安っぽいデザインと大きさじゃ要らんわな

匿名

4インチってまだ需要あるのか…。
iPhone 7 Plus使ってたらあんな小さいスマホ窮屈で仕方ない

匿名

正直本国でもiPhone 7より満足度高いデータ出ちゃってるし、売れてるんだからいいだろ
こっちこそよくあんな不恰好なデザインと大きさのもの持ち歩いてるなと思って見てるよ。

匿名

あっそ。
あんな小さいスマホでネットサーフィンとかもう草しか生えない

現在コメントは受け付けておりません。