「iPhone 8」のディスプレイ領域はやはり5.15インチ (2436×1125ピクセル) か ー 「HomePod」のファームウェアにヒントが見つかる

昨日、「HomePod」のファームウェアの中から「iPhone 8」らしきデバイスのアイコン画像などが見つかったことをお伝えしましたが、同ファームウェアから次は「iPhone 8」のディスプレイ領域に関する情報が見つかった事が分かりました。


その事を報告するのは開発者のSteven Troughton-Smith氏で、「HomePod」のファームウェア内に「iPhone 8」のディスプレイ解像度が2436×1125ピクセルになることを示唆する記述が見つかったそうです。

この2436×1125ピクセルという解像度は、以前より「iPhone 8」のディスプレイ解像度として何度か報じられており、MacRumorsのアクセスログに登場した「iPhone 8」とみられるデバイスのディスプレイ解像度も2436×1125ピクセルだった事が分かっています。

また、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の情報では、「iPhone 8」は5.8インチ(2800×1242ピクセル)のディスプレイを搭載するものの、下部にファンクションエリアが設けられ、そのファンクションエリアを除いた部分のディスプレイサイズは5.15インチ(2436×1125ピクセル)になるとのことでした。


実際のところどうなるのかは正式発表を待ってみないと分からないのですが、上記の事から「iPhone 8」のディスプレイ領域は5.15インチ(2436×1125ピクセル)になる可能性がより高くなった事は確かです。


[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事