著名デザイナーが「iPhone 8」の最新の予想レンダリング画像を公開

未発表のApple製品などのコンセプト画像などでお馴染みのMartin Hajek氏が、最新の噂や情報をもとに作成した「iPhone 8」のレンダリング画像を公開しています。


「iPhone 8」ではカラーバリエーションが少ない可能性があると言われていますが、Martin Hajek氏はジェットブラック、ブラック、ローズゴールド、ゴールド、シルバーの5色のカラーモデルを想像したレンダリング画像を公開しています。


個人的にはローズゴールドモデルなどの背面がホワイトカラーになるのはデザイン的にちょっとおかしいと思う為、ローズゴールドモデルは背面もローズゴールドカラーといったように、側面から背面まで全て同じカラーリングになると予想しますが…。

なお、同氏のサイトでは上記以外にも複数の画像が掲載されている他、このレンダリング画像の3Dモデルがこちらからダウンロード可能(有料)です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事