Microsoft、「Outlook」の脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを定例外で公開

本日、日本マイクロソフトが、「Outlook」の脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムを定例外で公開しました。


対象となる「Outlook」のエディションは下記の通り。

・Microsoft Outlook 2007 Service Pack 3
・Microsoft Outlook 2010 Service Pack 2
・Microsoft Outlook 2013 Service Pack 1
・Microsoft Outlook 2013 RT Service Pack 1
・Microsoft Outlook 2016


同社では影響を受けるエディションのOutlookを実行するユーザーがこの脆弱性から完全に保護するために、該当する7月のセキュリティ更新プログラムをインストールすることを推奨しており、脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラムガイドCVE-2017-8571CVE-2017-8572 および CVE-2017-8663 を参照して下さい。


[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事