Microsoft、「Windows 10 version 1511」のサポートを2017年10月10日に終了へ

本日、Microsoftが、「Windows 10 version 1511」のサポートを2017年10月10日をもって終了することを案内しています。


「Windows 10」では、アップデートがいち早く提供されるコンシューマ向けの「Current Branch(CB)」、企業向けにバグ修正の進んだ安定版を提供する「Current Branch for Business(CBB)」、一部機能制限が入った特殊業務向けの「Long Term Servicing Branch(LTSB)」が用意されており、一般ユーザー向けの「CB」については原則的に最新のバージョンが出た時点で、旧バージョンはサポートが終了する仕組みとなっているので、今回の話は原則として直近の2バージョンのみがサービス対象となる「CBB」向けのことになります。

「Windows 10 version 1511」は2015年11月にリリースされており、今年4月から順次リリースされている「Windows 10 Creators Update」が全ユーザーで利用可能になったことを受け、「Windows 10 version 1511」のサポート終了日が正式に決まったようです。

 ・Windows ライフサイクルのファクトシート


[via Neowin

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事