2018年発売の次世代「iPhone」は6.2インチの有機ELディスプレイ採用との怪しい噂

本日、中国のWeiboにて、Appleは既に2018年に発売する次世代「iPhone」の計画を進めており、同モデルは6.2インチの有機ELディスプレイを採用するとの情報が報告されている事が分かりました。

この事を報告しているのは手机晶片达人という人物で、その次世代「iPhone」の名称は「iPhone 8S MAX」になるとの情報も掲載しています。

ただ、過去の同氏のAppleに関する情報は信憑性に欠ける部分も多く、今回の情報もあまり信用しない方が良いかもしれませんが。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。