ケンタッキー、中国でスマートフォン『KFC Phone』を発表

ケンタッキーフライドチキンと言えばフライドチキンや創業者のカーネル・サンダースが思い浮かびますが、中国でKFC(ケンタッキーフライドチキン)の限定スマホ『KFC Phone』が発表されました。

これはKFCの中国進出30周年を記念して発表されたもので、Huaweiと提携し、限定スマホの『KFC Phone』を販売するとのこと。

『KFC Phone』のスペックは下記の通りで、「iPhone 7」の「(PRODUCT)RED」モデルのような赤いカラーリングと背面のカーネルおじさんのロゴが刻印されているのが特徴です。

・ディスプレイ:5インチ
・CPU:Snapdragon 425
・RAM:3GB
・ストレージ:32GB(microSDで最大128GBまで拡張可能)
・バッテリー:3020mAh
・その他:指紋センサー搭載

また、「ケンタッキースーパーアプリ」がプリインストールされており、購入者はケンタッキーで使えるポイントが貰えたり、店舗で流れる音楽を操作出来るジュークボックス機能が利用可能です。

なお、販売台数は5,000台のみで、価格は1,099元(約1万8,000円)となっています。

[via The Verge, TNW

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。