「iPhone 8」の最新のモックアップ映像 ー 工場のCADデータをもとに作成

各種デバイスのリーク情報では数々の実績がある@OnLeaks氏が、Tiger Mobilesと協力し、工場の3D CADのデータをもとに作成した「iPhone 8」の最新のモックアップを撮影した映像を公開しています。

同モックアップは先日に写真が公開されていたものと同じもので、これまでに明らかになっているモックアップに比べると精巧に作られており、外観デザインの違いが良く分かります。

デザインについてはこれまでに明らかになっている情報通りで、主な特徴としては、本体サイズが「iPhone 7」より一回り大きくなっている事、ベゼルレス化、ホームボタンのディスプレイ内蔵化、背面のデュアルレンズカメラ部分のデザイン変更、電源ボタンの大型化などが挙げられ、「iPhone 4」シリーズのように前面と背面はガラスパネルが採用され、金属製の中間フレームを採用していると言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。