「iPhone 8」の最新のモックアップ映像 ー 工場のCADデータをもとに作成

各種デバイスのリーク情報では数々の実績がある@OnLeaks氏が、Tiger Mobilesと協力し、工場の3D CADのデータをもとに作成した「iPhone 8」の最新のモックアップを撮影した映像を公開しています。

同モックアップは先日に写真が公開されていたものと同じもので、これまでに明らかになっているモックアップに比べると精巧に作られており、外観デザインの違いが良く分かります。

デザインについてはこれまでに明らかになっている情報通りで、主な特徴としては、本体サイズが「iPhone 7」より一回り大きくなっている事、ベゼルレス化、ホームボタンのディスプレイ内蔵化、背面のデュアルレンズカメラ部分のデザイン変更、電源ボタンの大型化などが挙げられ、「iPhone 4」シリーズのように前面と背面はガラスパネルが採用され、金属製の中間フレームを採用していると言われています。

7 COMMENTS

匿名

iPhone4には程遠見える……
スコットがクビになってアイブが好き放題はじめてから、筐体とOSのアップグレードは楽しみから、どれだけ醜悪なものがまともに改善されているかの確認と妥協点を探る作業になってしまったな。

だからとせいぜい1、2年サポートの泥なんか買って動かんゲームにも遭遇したくないし。
10万近い価格に迫り、約4年しかサポートされないiPhoneも大概か。

 

形状はどのメーカーも代わり映えしないので
あまり興味はないんだが、ホワイトが欲しい
シルバーではなくホワイト

匿名

ただでさえ出っ張ってるカメラモジュールが更にデカくなったか。

匿名

ホモクックとジョナサン愛撫のマスターベーション

匿名

iPhoneのカメラ性能優秀なので、そこの強化のためならどんどん突き出してくれてかまわないぞ。
2眼でAR強くなるのも歓迎。

現在コメントは受け付けておりません。