「iPhone 8」はUSB Power Delivery対応の「10W USB-C電源アダプタ」を同梱か

今年3月、Apple関連情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 8」は高速充電に対応する為にUSB Power Delivery(USB PD)に対応したLightningコネクタが採用されると報告していましたが、「iPhone 8」にはUSB PDに対応した「10W USB-C電源アダプタ」が同梱されるとの情報が出てきました。

これはBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏が顧客に公開した調査報告書の中で明らかにしたもので、「iPhone 8」にはUSB PDチップが搭載され、同チップとUSB-Cコネクタを採用した「10W USB-C電源アダプタ」が同梱されるものとみられています。

また、「iPhone 8」と「10W USB-C電源アダプタ」の両方に搭載されるUSB-C PDチップはCypress Semiconductor社が供給する予定で、そのチップは「iPad Pro 10.5インチ」に搭載されている「CYPD2104」という型番のチップになるとみられており、「iPhone 8」は「10W USB-C電源アダプタ」もしくは「29W USB-C電源アダプタ」を用いることで高速充電が可能になるとのこと。

なお、この情報が正しければ「iPhone 8」には「Lightning to USB-Cケーブル」が同梱されるものと予想されます。

[via MacRumors]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。