「watchOS 4 beta 2」ではトイ・ストーリーの文字盤が利用可能に ー ハンズオン映像も

昨日、開発者向けに「watchOS 4 beta 2」がリリースされましたが、同ベータ版ではトイ・ストーリーの文字盤が利用可能になった事が分かりました。




トイ・ストーリーの文字盤はbeta 1ではまだ搭載されていなかったのですが、昨日にリリースされたbeta 2で正式に搭載され、”ウッディ”、”ジェシー”、”バズ・ライトイヤー”に加え、様々なキャラクターがランダムに登場する”TOY BOX”の4種類の文字盤が用意されています。

早速、その文字盤が実際に動作する様子を撮影した映像を海外のサイトが公開していたので、良かったらご覧下さい。


[via iDB

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事