「Project Scorpio」の正式名は「Xbox One X」に ー 米国では11月7日に発売へ

本日、Microsoftが発表イベント「Xbox E3 2017 Briefing」を開催し、これまで「Project Scorpio」というコードネームで呼ばれてきた新型ゲーム機「Xbox One X」を正式に発表しました。

「Xbox One X」は8コアCPUを搭載し、6テラフロップスのGPU性能、12GBのGDDR5メモリ、ネイティブ4Kゲーム対応、高精細VR対応などに加えr、「Xbox One」との後方互換にも対応しているのが特徴です。

なお、価格は499ドルからで、米国では11月7日に発売され、日本国内での発売日は現在のところ未発表です。

4 COMMENTS

匿名

過去最高性能で過去最小筐体とか、XBOX ONEから初代まで互換とか、ワガママさんかよ笑

とにかく楽しみ

匿名

PS4Proと同じような名前のつけ方で次世代機じゃない感じだね。

匿名

60fpsのゲームはXでも60fpsになると言っていたが気になる

どうせならシングルプレイだけでいいからfps上限まで上げてほしい

現在コメントは受け付けておりません。