「Project Scorpio」の正式名は「Xbox One X」に ー 米国では11月7日に発売へ

本日、Microsoftが発表イベント「Xbox E3 2017 Briefing」を開催し、これまで「Project Scorpio」というコードネームで呼ばれてきた新型ゲーム機「Xbox One X」を正式に発表しました。

「Xbox One X」は8コアCPUを搭載し、6テラフロップスのGPU性能、12GBのGDDR5メモリ、ネイティブ4Kゲーム対応、高精細VR対応などに加えr、「Xbox One」との後方互換にも対応しているのが特徴です。

なお、価格は499ドルからで、米国では11月7日に発売され、日本国内での発売日は現在のところ未発表です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。