次期「iPhone」シリーズ、4.7インチと5.5インチの2モデルも強化ガラス製筐体を採用か

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleのサプライチェーンの各社は3種類の次期「iPhone」向けの部品の量産を開始したようだと報じています。

次期「iPhone」シリーズは、5.8インチの有機ELディスプレイを搭載し、本体に強化ガラス製筐体と金属製フレームを採用したモデルに加え、現行モデルと同じ4.7インチと5.5インチのディスプレイを採用した2モデルの計3モデルが発売されると言われており、4.7インチと5.5インチのモデルも強化ガラス製筐体とアルミ製フレームが採用されているとのこと。

なお、有機ELディスプレイ搭載モデルの有機ELパネルはSamsung Displayが供給し、2017年だけで8,000万枚のパネルを供給するものとみられています。

10 COMMENTS

匿名

8と7と7Plusなんて本当に出るのかな
ガラス製の7sと7s Plusでいい気がするが

匿名

気がする程度の感覚だけの情報ではなく、しっかりと売れるってマーケティングができてるからでしょう。
感覚だけで大企業の販売戦略を批判するのもいかがなモンですかね笑

匿名

1ユーザーの感想としては大アリだと思うけど。
これがダメならレビューシステムは全滅だな。

匿名

大企業でも戦略が失敗することなんていくらでもある。
批判なんてほどの内容でもないし。
Apple様のやることは絶対なんでしょうね。

匿名

Appleが7sと8を出すと言ったわけじゃないからね。
疑っているのがAppleなのか予想者なのかはぐらいは汲んであげようよ。

匿名

筐体の作りが似るとすると、画面(サイズ・パネル)以外に何で差別化するんだろう

匿名

やっぱり価格?
廉価版に振って来るのかな?
あと7sだと7とケース類が共有できるし、そこの利点もあると考える。

現在コメントは受け付けておりません。