次期「iPhone」シリーズ、4.7インチと5.5インチの2モデルも強化ガラス製筐体を採用か

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleのサプライチェーンの各社は3種類の次期「iPhone」向けの部品の量産を開始したようだと報じています。


次期「iPhone」シリーズは、5.8インチの有機ELディスプレイを搭載し、本体に強化ガラス製筐体と金属製フレームを採用したモデルに加え、現行モデルと同じ4.7インチと5.5インチのディスプレイを採用した2モデルの計3モデルが発売されると言われており、4.7インチと5.5インチのモデルも強化ガラス製筐体とアルミ製フレームが採用されているとのこと。

なお、有機ELディスプレイ搭載モデルの有機ELパネルはSamsung Displayが供給し、2017年だけで8,000万枚のパネルを供給するものとみられています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事