「watchOS 4」ではホーム画面のアプリのアイコンをリスト表示に変更することが可能に

先日、「watchOS 4」が発表され、開発者向けにベータ版の提供が開始されていますが、その「watchOS 4」ではホーム画面のアプリアイコンの表示を従来のグリッド表示からリスト表示に変更可能であることが分かりました。

「watchOS 3」までのホーム画面はハニカム状にアプリのアイコンが並ぶデザインが特徴でしたが、「watchOS 4」ではアプリをアルファベット順に表示するリスト表示が選択可能になっています。

なお、グリッド表示とリスト表示の切り替えは、ホーム画面をForce Touch(強タップ)することで表示方式の切り替え画面が表示される為、そこでリスト表示を選択する事で可能です。

[via iDownloadBlog

4 COMMENTS

匿名

小さくて押しづらかったので良い改善ですねー。
いちいち拡大するのも面倒でしたし。

匿名

デザイン的なオプションができたのは良いことだ。こういうところはAppleの良いところ。

匿名

アイコンがリスト表示になって上級者はリストを好むようになってリストが進化したカラム表示に切り替わるっていうFinderの歴史を再現しそう。

匿名

リスト表示は嬉しい!
だけど、どうせならアルファベット順じゃなくて、自分で順番をソートできるようになってほしいな…

現在コメントは受け付けておりません。