「watchOS 4」ではホーム画面のアプリのアイコンをリスト表示に変更することが可能に

先日、「watchOS 4」が発表され、開発者向けにベータ版の提供が開始されていますが、その「watchOS 4」ではホーム画面のアプリアイコンの表示を従来のグリッド表示からリスト表示に変更可能であることが分かりました。

「watchOS 3」までのホーム画面はハニカム状にアプリのアイコンが並ぶデザインが特徴でしたが、「watchOS 4」ではアプリをアルファベット順に表示するリスト表示が選択可能になっています。

なお、グリッド表示とリスト表示の切り替えは、ホーム画面をForce Touch(強タップ)することで表示方式の切り替え画面が表示される為、そこでリスト表示を選択する事で可能です。

[via iDownloadBlog

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。