「NuAns NEO [Reloaded]」、Bluetoothオーディオコーデック「aptX」と「aptX HD」に対応へ

トリニティはまもなくAndroid搭載スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」を発売する予定ですが、本日、同社が「NuAns NEO [Reloaded]」でBluetoothオーディオコーデック「aptX」をサポートする予定である事を明らかにしました。

Bluetoothで音声を伝送する時に音声を圧縮する方法(コーデック)は、iPhoneで主に使用されている「AAC」やAndroidの標準である「SBC」など様々なコーデックが存在しているのですが、「aptX」は特に音質面で評価の高いコーデックで、「NuAns NEO [Reloaded]」では「SBC」のみを採用する予定だったものの、先週に「aptX」のサンプルを実装し、素晴らしいことや搭載できるということを確認した事から対応の発表となったそうです。

なお、「aptX」と「aptX HD」の対応については、現時点では実装調整中とのことで、発売後のファームウェアアップデートで正式対応となるようです。

 ・aptX – Qualcomm
 ・公式ブログ – トリニティ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。