「iPhone 8」の「A11」プロセッサはクアッドコアで動作周波数は2.74GHz?? ー 怪しいスクリーンショットが登場

「iPhone」関連のリーク情報ではお馴染みとなりつつある中国のKK低调氏が、「iPhone 8」のGeekBenchのベンチマーク結果とされるスクリーンショットを公開しています。



このスクリーンショットが本物かどうかは不明ですが、「iOS 11」や動作周波数が2.74GHzでクアッドコアの「A11」プロセッサを搭載しており、機種IDは「iPhone 10,6」となっています。

また、ベンチマークスコアは、シングルコアで4537点、マルチコアで8975点となっており、「iPhone 7」の3380点/5400点よりも大幅に向上していることが分かります。

ただ、この画像が偽物である可能性も否定出来ない為、あくまで話半分で捉えておいた方が良さそうです。


【追記】
Macお宝鑑定団のdanbo氏や、先日から様々なリーク情報を流しているBenjamin Geskin氏は、この画像についてデータを改変した偽物と述べています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事