Touch IDが本体背面にある「iPhone 8」のダミーユニットの写真

「iPhone 8」はベゼルレスになりディスプレイが大型化される事から、Touch IDはディスプレイに統合されるか、背面に移動するかもしれないといった情報が出回っていますが、Touch IDが背面に移動した「iPhone 8」のダミーユニット(模型)の写真が公開されました。

問題のダミーユニットは「iPhone 7s」よりも僅かに大きく、「iPhone 7 Plus」よりは僅かに小さくなっており、縦並びになったデュアルレンズカメラとTouch ID用と思われる背面の穴が特徴となっています。

また、このダミーユニットに合うケースも作成されており、その写真が下記画像となっています。

このダミーユニットは複数あると言われている試作機の1つをもとに製作したものと予想され、製品版でTouch IDが本当に背面に位置するのかはまだ分からないものの、Appleは1つの案としてTouch IDを背面に配置することを検討している可能性が高そうです。

[via MacG

3 COMMENTS

匿名

なんか過去に出た図面よりもTouch IDが若干上に移動してますね
同じ図をもとに作ったわけではなさそう

匿名

このサイトは色々な会社のロゴ画像や商品画像を使用していますが、許可は得ているんでしょうか?

また、このサイトが一次ソースのように内容を書いている文章が多いですが、きちんと一次ソース元を大きく分かりやすく表示し、リンクを張ったほうがいいと思います。

匿名

いつもこのサイトを楽しんで読んでいる者だが、この種のブログサイトとしては、一次ソース元は充分大きく分かりやすいと思う。書き方も一定で、きちんとソースがわかる。時々おかしいところもあるけど、ここのオーナーさんは指摘にはきちんと対応しているよ。きちんとした決まりや定義が曖昧なことをさもいけないことのように断定的に上から目線で言うのはどうかと思う。「ロゴ画像や商品画像を使用していますが、許可」とか言ってるけど、これも余計なお世話。さも自分が法律や著作権に詳しいフリはやめろ。コメントで知識がないのバレるからw

現在コメントは受け付けておりません。