次期「iPhone」のプレミアムモデルのデザインの詳細が明らかに?! ー ガラスとステンレスフレームを採用か

本日、Macお宝鑑定団Blogが、次期「iPhone」のプレミアムモデルこと「iPhone Edition」(iPhone 8とも呼ばれている)の開発段階は最近になって、ようやくDVT(設計確認試験)の段階に移行し、デザインは前面、背面共に2.5Dエッジ仕様の強化ガラス板と真ん中にステンレススチールフレームを使用した新しいデザインを採用しているようだと報じています。


また、露出する側面のステンレススチールフレームは、Apple Watchのステンレススチールのように磨きが掛けられており、ホームボタンは非搭載で、FaceTimeカメラが液晶面に統合され、全面液晶ディスプレイ化されるとのこと。

液晶ディスプレイは有機ELを採用するものの、曲面ではなく、従来型のフラットディスプレイで、本体背面のデュアルレンズカメラは縦並びになり、横向きにした場合にVR撮影などが出来るようになるのではないかと予想されています。

なお、噂されているTouch IDのディスプレイ下への統合は確認出来ていないとのことで、同時に発表されるとみられている「iPhone 7s/7s Plus」は本体の厚みが少し厚くなる可能性があるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事