次期「iPhone」のプレミアムモデルのデザインの詳細が明らかに?! ー ガラスとステンレスフレームを採用か

本日、Macお宝鑑定団Blogが、次期「iPhone」のプレミアムモデルこと「iPhone Edition」(iPhone 8とも呼ばれている)の開発段階は最近になって、ようやくDVT(設計確認試験)の段階に移行し、デザインは前面、背面共に2.5Dエッジ仕様の強化ガラス板と真ん中にステンレススチールフレームを使用した新しいデザインを採用しているようだと報じています。

また、露出する側面のステンレススチールフレームは、Apple Watchのステンレススチールのように磨きが掛けられており、ホームボタンは非搭載で、FaceTimeカメラが液晶面に統合され、全面液晶ディスプレイ化されるとのこと。

液晶ディスプレイは有機ELを採用するものの、曲面ではなく、従来型のフラットディスプレイで、本体背面のデュアルレンズカメラは縦並びになり、横向きにした場合にVR撮影などが出来るようになるのではないかと予想されています。

なお、噂されているTouch IDのディスプレイ下への統合は確認出来ていないとのことで、同時に発表されるとみられている「iPhone 7s/7s Plus」は本体の厚みが少し厚くなる可能性があるそうです。

8 COMMENTS

匿名

4の再来ですね。
アルミのみの6シリーズから比べれば重量が増しそうですが、デザインは良くなりそうですね。

匿名

軽くてもアルミはフニャフニャだからなあ

匿名

縦配列のデュアルカメラがこの位置だと何か違和感が…。
何故この位置に拘るのでしょうかね。

匿名

なんか人間工学だったか、写真の構図を自然な感じにするとか理由があると昔見たことがありますがソースが見つけられないのでなんともですね汗

匿名

iPhone 4sの両面ガラスデザインが好きな自分からしたら、めっちゃカッコいいと思う。
Xperiaに真似されちゃったけどね。笑
デュアルカメラが縦方向にレイアウトされるのは、
カメラ撮影のときにはLandscapeにするのが一般的だからかもしれませんね。

匿名

これでカメラが出っ張っていなければ、4sみたいで文句ないですね。

現在コメントは受け付けておりません。